かつて火星に生命が存在していたかどうかを調べることがメインの課題

火星の探査機キュリオシティがいろいろと調査したことが、NASAから分かってきた事が報告されていますが、次の火星探査機の計画もあるようですね。

計画では2020年に打ち上げ予定の探査機では、水が流れていた痕跡等が発見されていますから、かつて火星に生命が存在していたかどうかを調べることがメインの課題のようです。

火星探査機メイブンを打ち上げて、火星の大気の成分や気候、火星に居住することができるかどうか調査する事も計画され、2030年に火星まで有人飛行の計画もあるようです。

また、欧州宇宙機関とロシア連邦宇宙局も共同研究で、メタンガスなどの観測を行うエクソマーズ・トレース・ガス・オービターも予定されているようです。

もしかしたらこれだけ多くの計画がありますから、今後しばらくは火星での調査研究のニュースをよく聞くようになる事でしょう。